プロゲーマー目指すならyoutuberも目指した方がいいという話

どうも、ぐーたら大学生のカピバラです

私はゲームが好きなのでyoutubeでよくゲーム配信を見ます。最近はプロゲーマーの方の配信も見るようになりました

最近はe-sportsへの注目度が上がってきたので、世間のゲームへの認識が少しだけ変わったように思います。

今までは ”ゲーム=遊び” ”プロゲーマー=ゲームしてるだけの人”

というイメージがほとんどでした。

今でもそう思っている人は沢山いますが、ゲームにかかわっている人たちの間では ”プロゲーマー=好きなことを仕事にしている人” のようなイメージが出てきているように思います。

そんな感じの世の中になってきたからでしょう。プロゲーマー志望の人が増えてきたようです。

しかしプロゲーマーの世界も生きていくのは大変なようです。

 

大会賞金だけで生きていくのは難しい

 

プロゲーマーはトップレベルになると年収数千万円です。しかしゲームの大会のみで稼いでいるわけではありません。

日本のゲームの大会では優勝しても大したお金はもらえません。これは日本の法律でゲームの結果に応じて金品を提供することが禁じられているからです。

参加者から参加費を集めて賞金にした場合、敗者の参加費が勝者の賞金になってしまうため賭博扱いになってしまうので大きな金額を集めての大会が難しい。

大会の賞金をスポンサーからの提供資金で行う場合はなんの問題もありませんが、認知度があまりない上に参加者が集まりにくいゲームの大会なんかに企業が大金をポンと出す可能性は低いです。

こういった経緯から大会賞金はあまり高くないため、1度優勝したからといって生活していくだけの資金を手に入れることはできません。

何度も優勝すればいいわけですがゲームも勝負の世界ですので時の運は必ずあります。練習したからといって勝てるわけではありません。

 

つまり大会賞金だけで生きていくのは日本では難しいです。

海外ではプロゲーマーの認知度は高く、なりたい職業でもトップレベルです。日本と違い法律で縛られてもいませんので海外の大会は賞金がすごく高い。大会賞金で生きていくには海外の猛者たちと戦い勝ち抜くしかないわけです。

Counter-Strike:Source の 1vs1 大会『KING OF THE AIM #2』が11月26日(土)~29日(火)に開催

 

スポンサーについてもらう

スポンサーについてもらうことで初めてプロゲーマーと名乗っていいともいわれています。

企業などにスポンサーについてもらえば様々な商品提供を受けることができるでしょう。

スポンサーについた選手が有名になれば、その選手が使っているものの宣伝になり企業の売り上げに貢献することになるのでお金がもらえます。

どれくらいもらえるのかはどれだけ売り上げに貢献できるかによって違うとは思います。残念ながら詳しい金額は公開されていませんし、選手によって大きく変わるでしょう。

 

大会の賞金やスポンサーからのお金で生きていくのはトップレベルのプロゲーマーのみです。

だったらどんな手段で稼いでいくのがお勧めなのか?タイトルにも書いた通り稼げる可能性が高い手段はyoutuberです

 

プロゲーマーなら動画配信をするべき!

プロゲーマーのゲームプレイは当たり前ですが上手です。うまいプレイ動画というのはゲームを見る人からすればいろいろなメリットがあります。

ゲームの攻略に行き詰っている人には道しるべに。ゲームへのモチベーションが下がっている人へのやる気に。自分の知らなかった新しい知識の教科書に。

プロゲーマーになり毎日のようにゲームをしていると珍プレーや好プレーは必ず生まれるはずです。それをまとめて動画にするだけでも十分価値があります。

メリットがあるということはいろんな人が見るということです。いろいろな人が見るということは広告収入が入りやすいということです。

 

つまりは稼げる!

 

Youtubeであればチャンネル登録者が2万か3万人いれば十分に生活できるだけのお金が稼げるそうです。登録者が20万や30万いる方なら月に数100万稼いでいるでしょう。

そんなに簡単に登録者を集められないと思う方もいるかもしれません。

しかしプロゲーマーという肩書はかなり強力です。そこら辺の人のゲーム動画よりプロゲーマーの動画のほうが見たくなるものです。毎日のように動画を上げていれば自然と登録者は集まってきます。そこにプロゲーマーという肩書があればさらに人は集まりやすくなるでしょう。

大会などで優勝や活躍をすれば有名になります。そんな人が動画配信をしているなら見てみたいと思う方は必ずいるはずです。

つまり名前が売りやすいプロゲーマーというのは人を集めるうえですごい有利な立ち位置にいるというわけです。

プロゲーマーになりたい人もYoutuberは目指すべき

登録者数の多いYoutuberはいろいろな人が見ているということです。そんな人がゲームの大会などでもいい成績を残しているなら企業の目に留まりやすくなります。

広告塔として優秀ということは企業にとってはうれしいことなのでスポンサーになってくれる可能性は大きく上がります。

 

有名になるということはほかにもメリットはあります。

例えばプロ―ゲーマーのチームに入りたい場合、大会でいい成績を残していないなら目に留まることはないので難しいかもしれません。

しかしYoutuberとして有名でゲームもうまい方なら目に留まる可能性は高くなります。自分から売り込みに行く時でも有名なほうがスムーズに売り込めるはずです。

企業にスポンサーになってくださいとは言えないと思いますが、プロゲーマーのチームならまだ可能性はあると思います。

最後に

上に書いたようにプロゲーマーの方やプロゲーマーを目指す方はYoutuberをやった方が絶対にメリットが大きいという話です。お金と知名度の両方を手に入れる手段として非常に魅力的だと思います。

一つ注意点はYoutuberは適当にやってもうまくいくわけではないということです。プロゲーマーだから配信だけしていればうまくいくわけではないし、プロゲーマーではないからといってうまくいかないわけではないということです。

本気で動画の編集や集客を頑張れるならうまくいく可能性は非常に高いと思います。誰でもチャンスは必ずあるので頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です