消費税増税まであと1年、値段は変わらなくてもいろいろ変わってる

どうも、ぐーたら大学生のカピバラで。

増税は2019年の10月

政府が発表した2019年10月の消費税率増税まであと1年ほどになりました。

8%から10%まで上がるので2%の増税率になります。

最初は2015年の10月には10%にすると宣言していたのですが、延期を2回行って2019年10月になりました。

急激な増税は国民感情の刺激や国内企業などへの影響を与える可能性があるから延期したのでしょうか?

詳しい事情は専門家ではない私にはわかりませんが。

 

変わってないけど変わってる

2014年に5%から8%になったとき、私は最初スーパーなどで買い物して思ったのは

「値段変わってなくない?」

です。

 

いつも買うパンやジュースの値段が変わっていなくて増税されたのは私の気のせいだったのかと思いました。

しかし、ふとした時に気づいたのです

「このパン1袋に6個入ってなかったかな? 5個になってる?」

「なんかこのパンもう少し大きかった気がする」

これはもしかして増税のせい?

 

全国規模でかはわからないですが商品1個の量と数が減らされているのではないのかと思ったわけです。

 

消費税増税されたのに値段がそのままだと売る側の利益が減ってしまいます。

しかしお客さんが消費税増税のことを知っていたとしても、値段が上がったらいつも買っていたものでも買うのをためらってしまいますよね。

そこで内容量を減らしてしまえば値段は変えずに利益は出せるというわけです。

 

1袋に入っている数や内容量をいちいち確認する人はいませんし、しばらくすればこんなものだっただろうと錯覚してしまいます。

お金はみんな細かく気にするので、値段を上げてしまえば買う人の数は減ってしまいます。

よく考えられてるなと思いました。売る側も様々な工夫で消費税増税に対処しているようです。

 

 

8%から10%に上がるとどうなる?

 

5%から8%に上がったときは数や量を減らして対応した売る側なわけですが、今度はどうするんでしょうか?

今度も減らして対応しようとした場合、商品はすごく小さくなったり少なくなってしまうわけです。

流石にそうなってしまえば気のせいかなで済むわけにはいかないので買う人は減ってしまうと思います。

 

値上げをしてしまえば結局買う人は減りそうです。

たがが2%ですが毎日買うようなものが値上がりすれば、1年で莫大な金額の支出になるでしょう。

 

最後に

変わってないように見えて実は変わってた商品1個の量と数ですが、今度の増税でどう変わるのでしょうか?

個人的には値段は上げてほしくないですが、買ったのに少ししか入っていないのも悲しいです。

増税なので仕方ないといえば仕方ないのですが、どうなってもお財布には優しくならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です