【Wi-Fi】TP-Linkルーターから中継器、から更に中継器に経由するとどうなる?

 

Wi-Fiがつながらない!

 

ってこと割とよくありませんか?

 

ルーターからの距離が遠すぎてWi-Fiの電波が弱すぎると、スマホiPad、パソコンやゲームなどにつながりにくくなりますよね。

私もルーターが一階のリビングにあり、自室が二階にあったためなかなか電波が入ってきませんでした。

ついでに私の家のルーターはこちら

 

 

 

中継器を使ってみる

 

中継器を設置することによりルーターからの電波を障害物を避けてより遠くに飛ばすことができるわけです。なので、とりあえずルーターと同じ会社の中継器をAmazonで買ってみました。

 

設置する場所は私の自室の横の廊下にしてみました。

設定は説明書が入っていたのでそれに従ってやりました。結構簡単です。

 

設定が終わってみると確かに電波強度が強くなってます。具体的に言うとアンテナ一本が三本に変わってました。

 

これで解決!

 

なのですが、実はオンラインゲームもやっておりまして。

回線を有線でゲーム機につなげたい。(ルーターから中継器には無線で飛ばしているので中継器から有線)

自室に中継器を設置して有線ケーブルも買ってきて有線で繋げたのですが、

 

なんか電波が弱い。

 

それもそのはず、ルーターが設置してあるリビングから直線状には壁が5枚あり、中継器に来るまでに弱くなりすぎているわけです。

 

しかし廊下に設置して有線で繋げてもケーブルが邪魔すぎます。

 

仕方がないので中継器をもう一個買ってみました。

 

 

 

中継器から中継器へ

 

中継器から中継器に電波を送ることができるのか調べてみてもわからなかったんですよね。

なので、とりあえずやってみました。

 

1つはリビングから出たところにある廊下(たぶんルーターから15mくらい)、2つ目は1つ目直上の自分の部屋に設置してみました。

 

結果は

 

成功です!

 

理論的には行けるはずなのでそれほど心配はしていませんでしたが、うまくいってよかったです。

 

中継器二つから無線が飛んでくるのでWi-Fiのネットワークにそれぞれ名前をつけておくと見分けがつきやすくていいと思います。

 

 

中継器を使っていてWi-Fiの調子が悪いとき

 

1.まずは中継器のサインを見てみる(注意 私が使っている中継器の場合です)。

 

ルーターからの距離が遠すぎる場合などには赤いランプが点灯していると思いま  す。

設置する場所を変えるかルーターの様子を見てみましょう。

 

 

2.特に原因がわからない場合はまずはルーターの再起動をしましょう。

再起動が正常に終わったら、今度は中継器を再起動する。

中継器を再起動してからルーターを再起動した場合、理由は不明ですが中継器から電波は来ているがインターネットに接続できない状況になります。

 

 

3.IPアドレスを自分で設定してみる。

基本的にはIPアドレスはルータなどが勝手に設定するものですが、自動設定の場合うまくいかない場合があります。

ルーターや中継器などの管理画面にパソコンやスマホなどからアクセスして変更してみましょう。(管理画面へのアクセス方法はルーターや中継器によって異なる場合がありますのでお使いの機器について検索とかしてください)

 

 

調子悪いときはこんな感じでやってます。

 

 

ルーターからの距離が遠すぎて電波が弱い。でも有線ケーブルを引くことはできない人とかは中継器いくつか使ってつないでみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です