吉澤ひとみ飲酒運転。アルコールの残留時間はどれくらい?

ニュース概要

 

モーニング娘吉澤ひとみさんが酒気帯びひき逃げ事件で逮捕されていますね。

 

吉澤 ひとみ容疑者は、9月6日、東京・中野区で、酒気帯び状態で車を運転し、横断歩道を渡っていた自転車の女性をはねて、女性と男性に軽傷を負わせ、逃走した疑いが持たれている。

 

とのことらしいですね。

「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな。」

飲酒運転はいけません。たいして酔ってないから運転しても大丈夫なんてことはあり得ませんからね。

 

記事では

吉澤容疑者は事件前日について、「午後8時ごろ帰宅し、午前0時ごろまで缶チューハイ3缶を飲んでいた」と供述していることがわかった。

吉澤容疑者からは、アルコールが基準値のおよそ4倍検出され、警視庁は、飲酒の量などの裏づけを進めている。

という文章がありまして。

缶チューハイ3缶で基準値の4倍も検出されるものなのかなと思いまして、少し調べてみました。

 

酒気帯び運転の基準値

 

公益社団法人アルコール健康医学協会によると

道路交通法では呼気1リットル中0.15mg以上アルコールを検知した場合、「酒気帯び運転」としています。

 

1単位(ビール中びん1本、日本酒1合、焼酎0.6合)のアルコールを飲んだときの血中アルコール濃度は、0.02~0.04%です。これは、呼気1リットル当たりのアルコール量に換算すると、0.1~0.2mgに相当します。

 

とのことらしいです。

 

ビール中ビンが500mlでアルコール濃度が大体5%程度、缶酎ハイが350mlでアルコール濃度は2~9%くらいだと考えると

 

基準値4倍 ビール中ビン4本分 2リットル

       缶酎ハイ3本    1.05リットル

 

濃度計算は何飲んだかによって結構変わりそうなので割愛します。

飲んだ量的には少ないですが濃度高いの飲んでたら基準値4倍に届くかもしれません。

 

アルコール代謝時間

 事故が発生したのは飲んでから7時間後ですが、お酒はなかなか抜けないものですからね。運転免許をとったことのある人は講習で受けたことがあるとは思います。

体重約60kgの成人男性で、1単位(ビール中びん1本、日本酒1合、焼酎0.6合)のアルコールが体内から消えるまでに約3~4時間かかります。2単位では、約6~7時間、3単位では、約9~10時間、4単位では、約12~13時間かかります(これは、あくまで目安です。体格、体質、性別で異なります)。

 今回吉澤ひとみさんは基準値の4倍飲んでいたそうなので4単位の約12~13時間ですね。

一般的に女性は男性よりもアルコールが抜けにくいらしいのでもっとかかるかもしれません。

 

結論

缶酎ハイ3本で事件発生後に検出されるアルコールが基準値の4倍になるのかははっきりしませんね。検出の仕方がどうだったのかやどんな酒を飲んだのかはっきりしない以上何とも言えないです。

 

最後に

飲酒運転は絶対にやめましょう

違反行為の点数・処分内容等

  点数 処分内容 欠格・
停止期間

酒酔い運転

35点

免許取消

3年

酒気帯び運転

(呼気1リットル当たりのアルコール量)
0.25mg以上

25点

免許取消

2年

(呼気1リットル当たりのアルコール量)
0.15mg以上0.25mg未満

13点

免許停止

90日

(注)この処分は一例であり、過去の交通事故や交通違反の前歴等により異なる。
「欠格・停止期間」は、前歴なしの場合。

 

人身事故でも起こしてしまったらもっと大きな処分が下ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です